So-net無料ブログ作成
検索選択

五山の送り火 [遊]

1大文字.jpg

今日は「五山の送り火」の日でした。
例年通りの蒸し暑さの中、朝から各山に準備の人たちが登っていて、ご苦労なこった!と下から見上げておりました。
何を隠そう、職場からはメインの大文字がドドンと見えるのです。
県外の人は、よく「五山の送り火」のことを「大文字焼き」と言って、京都の人に怒られます。なぜならば、五山の送り火はお盆に先祖の霊をお送りし、また生存する人の無病息災を祈る仏教行事なのであって、山焼きや野焼きとは違うのです。お好み焼きみたいな乱暴な言い方をしてはいけません(笑)。送り火の点火資材には無病息災などを記した護摩木が焚かれ、般若心経などお念仏があげられるのです。今年は時間がなくてできませんでしたが、私も去年は護摩木をもらいに行って書きました。
夜8時に東山如意ヶ嶽の大文字に点火されると、松ヶ崎西山・東山に妙法、西賀茂船山に船形、大北山に左大文字、嵯峨鳥居本曼荼羅山に鳥居形…という風に次々に点火されます。
闇夜にポツポツと現れた松明がそれぞれの形に並んでいく様子は、静々としていて好きです。点火して消えてしまうまで20~30分ほど。
これが終わると、夏ももうすぐ終わるなぁ、という気持ちになります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。