So-net無料ブログ作成
検索選択

お伊勢参り [遊]

いつも時差があっての更新になってしまうのですが、久々に
デジカメの方の写真の整理をしたので。

ise-.jpg

先日、お伊勢参りに行きました。
一度は行ってみたいと思っていた伊勢神宮
長雨が終わり、いざ夏真っ盛り!というような大晴天&猛暑だったのですが、
さすがは御神域。生い茂る齢何百年もの木々の中、ひんやりとした空気が漂って
普段は信心なんて大してしない癖に、やはり神聖な心持になります。
日帰りであまり時間がなかったので、内宮のみの参拝でしたが、
しっかりお参りしてきました。
ちなみに、写真は神宮式年遷宮に伴う宇治橋の架け替え工事。
20年おきに神様が移動するのに伴って掛け替えるそうですが、20年に一度ならば、
宮大工が一生に1、2度は携わることができ、その独特の技術を確実に後世に伝える
ことができるという思惑もあるそうです。

お参りの後は、お楽しみの食でござる。
『生きているうちに食べなかったら閻魔様に舌を抜かれる』という伊勢うどんは、
道中SAですでに食してきたので(笑)、ここではてこね寿司を。
先日からヅケが食べたかったので、大満足。
ise-tekonezushi.jpg



そして、かき氷イーターとしては、見過ごせない赤福氷!!わっしょい、わっしょい♪
ise-akafukukoori.jpg

個人的には、もっと抹茶を濃く、そして赤福をもっと沢山入れてほしいけれど、あっさりした
餡と柔らかな餅を冷え冷えの氷と共に頬張るのはよろしいもんです。
ちなみに、赤福氷の赤福は、普通に売っている赤福よりも柔らかく作ってあるそうな。
常に満席の店内で氷独特の頭痛と苦戦する人々を尻目に、サクサクといいペースで完食。
隣の席のカップルは、私よりずっと先に食べ始め、しかも二人で1個だというのに、
私が完食した頃にようやく半分食べ終えたところでした。
『遅っ!溶けちゃうじゃん』と思ってジーッと見つめてしまいましたが、彼らも私をガン見していたところを見ると、あちらはあちらで『早ッ!』と思っていたのでしょう(笑)。
鍛え方が違うのだ、鍛え方が。


ise-kooriichigo2.jpg

そして立て続けではありますが、お次は地場産のフレッシュいちごを100%使用した氷いちご。
つぶつぶ果肉も入っておいしー♪こちらも周囲の注目を集めるごぼう抜き具合で完食。
ise-kooriichigo1.jpg
本当は、同じくフレッシュフルーツシロップのメロンと甘夏も食べたかったんだけど、
次来るときのお楽しみに取っておきました。

あとは、ういろうだの、なが餅だの、へんば餅だのを買い込んで。←餅ばっか。
猫へのお土産のさるはじきも買って。←ねこばか。
ちなみに、伊勢うどんは「太くて腰がない」とか「離乳食みたい」とか「慣れたら美味しく感じるかも」とか、散々な評判を聞いていたんですが、いやいや、どーして。太くてもっちりした麺を、濃い甘めの出汁醤油に絡めて食べるのですが、これまたよろしかったですよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。